問い合わせ
問い合わせ 在庫確認

減衰回路に高周波リードリレーを使用するネットワークアナライザー

はじめに

ネットワークアナライザーは、アナログ連続波の高周波の特性を測定する場合であろうと、高速デジタルパルスの立ち上がり時間/立ち下がり時間を測定する場合であろうと、RF周波数を測定する際に広く使用されています。この15年間で携帯電話の使用率が急速に増加し、ワイヤレステクノロジーが生活の至る所に及んでいるため、ネットワークアナライザーの使用率も飛躍的に増大しています。ネットワークアナライザーの回路内では、RF信号を減衰させる必要があります。何十億回も動作できる耐用年数を備えたStandex Electronicsの高周波リードリレーは、そのニッチなニーズに応えています。

全アプリケーションの詳細
ネットワークアナライザー、RF - リードリレー

特徴

  • 高い信頼性
  • 理想的なRF特性
  • スルーレートが20ピコ秒未満なので高速デジタルパルスを伝送するのに最適
  • DCから最大20 GHzまでのRF信号を伝送する能力(SRFリレーは近日発売予定、本日からサンプル請求開始)
  • 特性インピーダンス:50オーム
  • 0.5ピコファラッド未満の静電容量を持つシールドに切替可能
  • 接点間の絶縁耐力が200ボルト
  • 動的試験を行った接点
  • 表面実装
  • 非常に薄型
  • BGAが利用可能
  • 頑丈な熱硬化性を備えた、モールドされたパッケージング
  • クアッドシールド構造
SeriesDimensionsmminchesIllustration
CRFW4.40.173 CRF Reed Relay
H3.50.137
L8.60.338

詳細について知りたい方は、当社の全 アプリケーションリストを参照するか、 アプリケーションPDFライブラリ を検索してください。

ニュースレターの申し込み

We Will Use The Email Address You Provide To Send You Marketing And Promotional Materials.

展示会&イベント

Electronica 2020 – November 10th – 13th
Time: November 10th -13th, 2020
Place: Am Messesee, 81829 München, Germany
For More Details, Click Here.

Follow Us

Focused. Leadership

Video
ダウンロード
Products compare