問い合わせ
問い合わせ 在庫確認

RF信号を減衰させるためにリードリレーを使用するRF減衰器

はじめに

一般的に、RF評価に使用できる試験装置には、RF部品やRF回路の様々な側面を評価するのに役立つ減衰回路が必要です。さらに、これらの減衰器には、RF信号を調整する様々なdBレベルを切り替えるためのスイッチングデバイスが必要です。通常、減衰器はRF信号の強度を調整するために使用するため、スイッチングデバイスは、自らが信号強度を減衰させないように、非常に巧みにRFを処理しなければなりません。また、こういったスイッチング装置は日常的に使用されるため、スイッチングの耐用年数に対する懸念が増大します。このアプリケーションでは電気機械式リレーが使用されてきましたが、電気機械式リレーの耐用年数は、通常100万回未満の動作に限られており、非常に高価になる場合があります。Standex Electronicsの新しい高周波リードリレーは、RF特性と耐用年数が大幅に改善されており、設計上の優れた選択肢となっています。

全アプリケーションの詳細
RF減衰器 - リードリレー

特徴

  • 高い信頼性
  • 理想的なRF特性
  • スルーレートが160ピコ秒未満なので高速デジタルパルスを伝送するのに最適
  • DCから最大7GHzまでのRF信号を伝送する能力
  • 特性インピーダンス:50オーム
  • 通常0.7ピコファラッドの静電容量を持つシールドに切替可能
  • 接点間の絶縁耐力が200ボルト
  • 動的試験を行った接点
  • 表面実装
  • 非常に薄型
  • BGAが利用可能
  • 頑丈な熱硬化性を備えた、モールドされたパッケージング
  • クアッドシールド構造
SeriesDimensionsmminchesIllustration
CRFW4.40.173 CRF Reed Relay
H3.50.137
L8.60.338

詳細について知りたい方は、当社の全 アプリケーションリストを参照するか、 アプリケーションPDFライブラリ を検索してください。

ニュースレターの申し込み

We Will Use The Email Address You Provide To Send You Marketing And Promotional Materials.

展示会&イベント

electronica China 2021
Booth No.: Booth 2550
For More Details, Click Here.

Follow Us

Focused. Leadership

Video
ダウンロード
Products compare