問い合わせ
問い合わせ 在庫確認

手術後の手術器具の体内取り残しを防止するリードリレー

はじめに

毎年、開業医に対する医療過誤訴訟の賠償金は数十億ドルに上っています。これらの訴訟の大半は、手術中に問題が発生した医療処置や手術が原因です。手術中は大量に出血するため、手術領域がよく見えなくなる場合があります。血液を吸収して手術をやりやすくするためにスポンジが使用されています。血液を大量に吸収したスポンジは、手術後も組織の間に取り残される場合があります。これによって、術後合併症が引き起こされることが多く、時には死に至ります。医療用電子機器の設計者は、Standex ElectronicsのCRFリードリレーを使用して、スポンジの体内取り残しを検知する巧みな方法を考案しました。

全アプリケーションの詳細
手術室における器具の体内取り残し防止 - リードリレー

特徴

  • 高い信頼性
  • 理想的なRF特性
  • スキューレートが200ピコ秒未満なので高速デジタルパルスを伝送するのに最適
  • DCから最大7 GHzまでのRF信号を伝送する能力
  • 特性インピーダンス:50オーム
  • 0.5ピコファラッド未満の静電容量を持つシールドに切替可能
  • 接点間の絶縁耐力が200ボルト
  • 動的試験を行った接点
  • 表面実装
  • 非常に薄型
  • BGAが利用可能
  • 頑丈な熱硬化性を備えた、モールドされたパッケージング
SeriesDimensionsmminchesIllustration
CRFW4.40.173 CRF Reed Relay
H3.50.137
L8.60.338

詳細について知りたい方は、当社の全 アプリケーションリストを参照するか、 アプリケーションPDFライブラリ を検索してください。

ニュースレターの申し込み

We Will Use The Email Address You Provide To Send You Marketing And Promotional Materials Through MailChimp.

展示会&イベント

Follow Us

Focused. Leadership

Video
ダウンロード
Products compare