問い合わせ
問い合わせ 在庫確認

永久磁石 |

Permanent Magnets永久磁石は、N極やS極があり一貫した変動しない磁場を持ちます。磁石は、希土類、アルニコ、ハードフェライトといった様々な素材で構成されています。これらのサイズや形状、磁気の強さはすべて異なっています。希土類が最も磁気が強く、アルニコが最も安定しており、フェライトが最も安価です。磁力は一般にガウスまたはミリテスラといった単位で測定されます。リードスイッチは、スイッチを動作させるために永久磁石または磁場を必要とするため、一般的に磁気リードスイッチと呼ばれています。マグネットは、可逆減磁や不可逆減磁といったスペックを持っています。エンジニアは、設計において衝撃、振動、強い外部磁場、高温などを考慮しなければなりません。これらの要因はすべて、磁力や長期間の安定性に様々な影響を与えます。マグネットは、アプリケーションの可動部分に取り付けるのが望ましいです。マグネットとリードスイッチの組合せを調整することで、センサー/マグネットシステム全体の機能を改善することができます。

マグネットの種類

当社は、以下の種類の永久磁石を提供しています。
  • AlNiCo(アルミニウムニッケル、コバルト、鉄、チタン)
  • SmCo(サマリウムコバルト)、NdFeB(ネオジム)、希土類
  • Hf(ハードフェライト)
以下は、最も広く使用されているモデルの一部であり、必要に応じて他のモデルも利用できます。
  • AlNiCo:Ø2.5×12.7 mm、Ø3.0×12.0 mm、Ø4.0×19.0 mm、Ø5.0×4.0 mm、Ø5.0×20.0 mm、Ø5.5×22.0 mm、Ø7.5×27.0 mm、3.2×3.2×19.0 mm
  • 希土類:NdFeB N35 Ø4×19 mm、NdFeB N35H Ø4×19 mm、NdFeB N45 Ø4×19 mm、NdFeB 250/175H Ø6×10 mm、NdFeB 250/175H 10×5×1.9 mm、SmCo5 Ø1.9×3 mm、SmCo5 Ø3×4 mm
  • ハードフェライト:28/26 2.6×2.6×4.0 mm、28/26 3.5×1.8×1.8 mm、28/26 6.7×6.7×2.7 mm
磁石は、可逆減磁や不可逆減磁といったスペックを持っています。衝撃、振動、強い外部磁場、高温には特に注意してください。これらの要因はすべて、磁力や長期間の安定性に様々な影響を与えます。マグネットは、アプリケーションの可動部分に取り付けるのが望ましいです。マグネットとリードスイッチの組合せを調整することで、センサー/マグネットシステム全体の機能を改善することができます。
low-to-high
     
コストFerriteAiNiCoNdFeBSmCo
エネルギー(最大WxH)FerriteAiNiCoSmCoNdFeB
使用温度NdFeBFerriteSmCoAiNiCo
耐腐食性NdFeBSmCoAiNiCoFerrite
逆磁界に対する抵抗性AiNiCoFerriteNdFeBSmCo
機械的強度FerriteSmCoNdFeBAiNiCo
温度係数AiNiCoSmCoNdFeBFerrite

パラメータ検索

ニュースレターの申し込み

We Will Use The Email Address You Provide To Send You Marketing And Promotional Materials.

展示会&イベント

Follow Us

Focused. Leadership

Video
ダウンロード
Products compare