問い合わせ
問い合わせ 在庫確認

磁石&磁気

磁気マッピングを行うのはなぜですか?

リードセンサーの用途では、プルインとドロップアウトの範囲を正確に把握することが重要です。この情報により、磁石とセンサーを適切な動作範囲内に正しく配置し、公差の問題を回避することができます。使用者のほとんどは、実際の磁場がどのようなものであるかを知りません。磁場を3次元で表示することで、最適な設計を行いやすくなります。これは、適切な動作点と非動作点を定義するのに役立ちます。さらに、公差の問題を回避するために、磁気エンベロープ内で適切に動作が行われることが保証されます。動作点と非動作点の間に許容できるヒステリシスを確保することができます。センサーと磁石のコストを最適化することができます。

磁気マッピングとは何ですか?

マグネティックマッピングとは、センサーを固定したまま磁石を移動させるか、またはその逆を行うことにより、プルイン点とドロップアウト点を段階的に測定する方法です。移動は3次元に行う必要があります。その後、ソフトウェアを使ってすべての点をつなぎ、磁場を3次元で可視化することができます。

電磁石とは何ですか?

電磁石は、鉄心に電線コイルを円筒状に巻いて磁場を発生させるものです。磁場はその内側の開口部の全長にわたって均一になります。

強磁性とはどういう意味ですか?

強磁性とは、永久磁石や電磁石が発生する磁界の影響を受けると、永久的または一時的に磁化される物質の性質のことです。

磁石を硬いところに落とすと磁気特性は変わりますか?

いいえ、変わりません。磁気の強さに影響するという噂もありますが、そのようなことはありません。

さまざまな種類の磁石を使い分けるのはなぜですか?

磁石を使い分けることで、用途に応じた特性を選択することができます。

  • フェライト磁石は低コスト
  • アルニコ磁石は広い温度範囲で最も安定している
  • 希土類磁石は磁場が最も強い
均一な磁場を作る方法とその理由は何ですか?

比較的長い円筒コイルを作ることにより、均一な磁場を作ることができます。コイルに電流を流すと、コイルの内部に沿って均一な磁場が発生します。しかし、コイルの両端では均一ではありません。ヘルムホルツコイルを使用することで、まさに均一な磁場を作ることができます。いずれの場合も、磁場が均一なことによって校正が可能になります。

理想的な大きさの磁石はありますか?

はい、磁石の種類によって異なります。長さと直径の比率が重要です。

  • アルニコ5は5:1
  • アルニコ8は3:1
  • フェライトは1:1
  • 希土類は1:1
ヘルムホルツコイルを使うのはなぜですか?

ヘルムホルツコイルを使用すると、アンペアターン(AT)またはミリテスラ(mT)単位の磁場の校正が非常に簡単に行えます。

ヘルムホルツコイルとは何ですか?

ヘルムホルツコイルは、実際には互いに平行に取り付けられた2つの同心コイルであり、電流を流して通電すると、2つのコイル間に均一な磁場が発生します。

キュリー効果とは何ですか?

キュリー効果とは、磁石がある一定の温度に達すると、その磁気的性質が消失することです。温度がキュリー温度を下回ると、物質の磁気効果が再び戻ります。

磁場はどのようにして作られるのですか?

一般に、細い銅線を円筒状に巻いて、電流を銅線に流すと、円筒の内部に磁場が発生します。

磁石はどのように作られますか?

磁石は、鉄、ニッケル、コバルトに他の元素をドープすることで作られます。特に希土類を添加することで、非常に強力な磁石を作ることができます。

磁気のエネルギーはどこから来るのですか?

磁力は素粒子レベルで発生し、そのエネルギーは熱から生じます。絶対温度0度(-273℃)以上の温度で発生します。

双極子とは何ですか?

双極子とは、磁場の基本的な構成要素です。双極子とは、1個の原子から発生する磁気効果のことです。これを何百万回と繰り返すと、磁石から磁場が発生することになります。

磁石にはどんな種類がありますか?

永久磁石には、主に3つの種類があります。

  1. アルニコ磁石 – 最も安定性があり温度影響を受けにくい。
  2. 希土類磁石 – 最も強力な磁石
  3. フェライト磁石 -最も安価
磁石とは何ですか?

磁石は強磁性体物質で構成されており、ニッケル、鉄、コバルトのうち少なくとも1種類が含まれていなければなりません。また、磁気を維持することができるものでなければなりません。

磁気とは何ですか、どこから来るのですか?

磁気は素粒子レベルで発生する力です。電子が回転し、また原子の原子核の周りを回転することで発生します。

焼きなましとは何ですか?

金属を非常に高い温度の浴槽に入れるプロセスのことを焼なましといいます。温度はゆっくりと最高温度まで上昇し、そこで一定時間安定した後、ゆっくりと室温に戻されます。このプロセスにより、金属は最も柔らかい状態になります。この点がニッケル/鉄リード線の保磁力がゼロに近い点でもあるので、リードスイッチでは非常に重要になります。つまり、リードスイッチの接点に磁界をかけ、その後磁界を取り除くと、リード線に磁気が残らなくなるということです。

リードスイッチに極端に強い磁界をかけた場合、正味の影響はありますか?

ありません。磁界がリードスイッチの接点を飽和させると、もはや何の影響も及ぼさなくなるため、リードスイッチへの正味の影響はありません。

磁石とリードスイッチを組み合わせることで、温度センサーになりますか?

検知したい温度に対して一定のキュリー温度を持つ磁石を使用することで、磁石とリードスイッチを組み合わせて温度センサーにすることができます。そのキュリー温度に達すると、磁石は磁性を失い、リードスイッチの接点が開きます。温度がキュリー温度より下がると、リード接点は閉じます。

ニュースレターの申し込み

We Will Use The Email Address You Provide To Send You Marketing And Promotional Materials.

展示会&イベント

electronica India 2024
Booth No.: E21
For More Details, Click Here.

Follow Us

Focused. Leadership

Video
ダウンロード
Products compare