問い合わせ
問い合わせ 在庫確認

スイッチ

ホールセンサー、リードセンサー、EMRセンサーの動作時間はどれくらいですか?

ホールセンサーの動作時間は通常5µs、リードセンサーは100µs、EMRは10 msです。

ホールセンサー、リードセンサー、EMRセンサーの出力電圧範囲はどれくらいですか?

ホールセンサーは、電圧を直接切り替えることはできません。リードセンサーとEMRセンサーは、最大1000Vまで直接切り替えが可能です。

ホールセンサー、リードセンサー、EMRセンサーで直接スイッチングできる電力はどれくらいですか?

ホールセンサーはµWレベル、リードセンサーとEMRセンサーは最大100Wまで直接スイッチングできます。

ホールセンサー、リードセンサー、EMRセンサーの負荷を直接切り替えることはできますか?

リードセンサーとEMRセンサーのみ、直接切り替えが可能です。

ホールセンサー、リードセンサー、EMRセンサーでヒステリシスは調整できますか?

リードセンサーは、ヒステリシスを35%~95%まで調整できます。ホールセンサーとEMRセンサーは、ヒステリシスが固定されています。

ホールセンサー、リードセンサー、EMRセンサーに外部回路は必要ですか?

はい。ホールセンサーのみ、チョッパ回路とドライバが必要です。

ホールセンサー、リードセンサー、EMRセンサーでは入力極性感度が問題になりますか?

ホールセンサーのみ、入力極性の影響を受けます。

ホールセンサー、リードセンサー、EMRセンサーの状態変化には、印加電流が必要ですか?

ホールセンサーでのみ、正常な動作のために電流が必要です。

ホールセンサーには、特別な回路が必要ですか?

はい。磁界のあるところでは、ホールセンサーは小さなミリボルトの信号を供給するだけです。この信号を増幅し、スイッチング回路に供給する必要があります。

ホール効果とは何ですか?

磁界のあるところでは、半導体物質に電圧が発生します。電圧は磁界の強さに比例します。

高電力のRF要件に使用する最適なリードスイッチは何ですか?

電流が3アンペア程度のRF用途では、小型の銅メッキリードスイッチを使用するのが最適です。3アンペア以上の場合は、大型の銅メッキリードスイッチを使用する必要があります。RFはスイッチの導体の「表皮」に乗っています。

ホールセンサー、リードセンサー、EMRセンサーの出力絶縁耐力はどれくらいですか?

ホールセンサーの絶縁耐力は10V未満、EMRは通常250VRMS、リードセンサーの絶縁耐力は最大5000Vです。

ホールセンサー、リードセンサー、EMRセンサーの出力キャパシタンスはどれくらいですか?

ホールセンサーの出力キャパシタンスは通常100pF、リードセンサーは0.2pF程度、EMRは通常20pFです。

ホールセンサー、リードセンサー、EMRセンサーの復旧時間はどれくらいですか?

ホールセンサーの復旧時間は通常5µs、リードセンサーは20µs、EMRは5msです。

ホールセンサー、リードセンサー、EMRセンサーが直接切り替えることができる電流はどれくらいですか?

ホールセンサーは出力電流を切り替えることができません。リードセンサーとEMRは通常、2Aまで直接切り替えることができます。

ホールセンサー、リードセンサー、EMRセンサーの出力抵抗はどれくらいですか?

ホールセンサーは通常200Ω以上、リードセンサーとEMRセンサーは通常50mΩです。

ホールセンサー、リードセンサー、EMRセンサーの出力極性感度は重要ですか?

はい。ホールセンサーでのみ、適切なスイッチング動作のために出力極性が重要です。

5000Vまでのホールドオフ/耐電圧には何を使用すればよいですか?

Standex ElectronicsのKSK-1A85リードスイッチシリーズをお使いください。

5~15V、10~50mAのスイッチングを行う場合、どのスイッチを使用すればよいですか?

ORD228、ORD211イリジウム、またはORD311をお使いください。

15~35V、10~250mAのスイッチングを行う場合、どのスイッチを使用すればよいですか?

センサーにはイリジウム接点のORD324を、リレーにはORD2210をお使いください。

低レベルのスイッチングにはどのリードスイッチを使用すればよいですか?

小型の電気機械式リレーは、低レベルの電圧や電流のスイッチングには適していません。電気機械式リレーは、膜の蓄積を破壊するために大きな電圧や電流を必要とします。非常に低い電圧と電流が接点を通過できないのは、この膜の蓄積によるものです。この場合、リードスイッチが最適です。スパッタ処理されたルテニウム接点やイリジウム接点は、このような低レベルの負荷に最適な物質です。

銅メッキのリードスイッチを使用する理由は何ですか?

ほとんどのリードスイッチのブレードはニッケル/鉄でできており、銅や銀と比較すると、電流の流れに対して比較的高い抵抗を持っています。ほとんどの場合、それは問題ではありません。しかし、リードスイッチに大電流を流すと、直流または交流のどちらであっても接点が発熱します。その熱はキュリー点が700°Cを超えるほど高くなることがあり、この時点で、ニッケル/鉄は強磁性を失います。したがって、接点を互いに保持しているリレーコイルまたはマグネットは保持できなくなり、過剰な熱によって接点を開きます。この問題を解決するために、リードスイッチ全体を50~100μmの銅でメッキすると、導電性が大幅に改善され、問題が解消されます。

真空リードスイッチはどんなときに使いますか?

250ボルト以上の電圧のスイッチングと遮断には、真空リードスイッチの使用が最適です。4000ボルトまでは、電流レベルが高すぎない限り、ORD2210Vの使用が効果的です。4000ボルト以上では、ハーメチックリードスイッチを使用してください。

加圧型リードスイッチが効果的に開くことができる電圧はどれくらいですか?

ガラス長20mm未満の小型リードスイッチは、250ボルトまで効果的に遮断することができます。これは、使用するプルインAT(mT)に依存します。高いほど効果的です。10mm未満のリードスイッチでは、この値は150ボルト程度に下がります。開口時の電流を最小にすることで、この値は改善されます。

負荷のサインは何ですか?

リードスイッチは、センサーで使用されているかリレーで使用されているかを問わず、負荷の切り替えを要求されます。一般に、この負荷には2つの側面があります。

  1. 定常状態の負荷
  2. 最初の50nsの間に行われる実際のスイッチングです。これは、負荷のサインとも呼ばれます。

このサインは、定常状態の負荷だけでなく、最初の50nsの間に存在する可能性のある過渡電圧または電流も考慮されます。これらの過渡現象は、浮遊容量、ライン内のインダクタンス、および/またはコモンモード電圧に起因する可能性があります。リードスイッチの設計者の立場からすると、このサインがすべてです。負荷のスイッチングで最も重要な時間は、最初の50nsです。接点を「ホット」にスイッチングした場合、接点へのすべてのダメージはこのときに発生します。お客様が初期不良の問題を抱えている場合、まずここを調べる必要があります。同様に重要で見過ごせないのは、接点が開くときにどのくらいの電圧と電流が実際に遮断されているかということです。かなりの電圧や電流が存在すると、接点が急速に摩耗し、リード接点が固着することになります。

どのようにリードスイッチを選べばよいですか?

いくつかの重要な要因があります。

  1. 必要な負荷を把握しておく必要があります。最初の50nsの閉路時に、どのくらいの電圧と電流がスイッチングされているか。
  2. 製品寿命の間に何回の操作が必要になるか。
  3. サイズの要件。どの程度のスペースが必要か。
  4. 製品がどのように搭載されるか。表面実装、スルーホールなど
  5. 長寿命で低レベルの場合は、ルテニウムまたはイリジウムのスパッタリング/メッキスイッチをお使いください。
  6. 50V~200Vのスイッチング用途には、Philips/Coto/Comusスパッタリングルテニウムスイッチをお使いください。
  7. スイッチング電流が25mA~1ampの場合は、KOFUの厚膜メッキロジウム、および当社のKSK-1A35が適しています。
  8. 200V以上4000Vまでの高電圧で比較的低い電流の場合は、OKI ORD2210Vをお使いください。
  9. 1000ボルト以上10,000ボルトまでの高電圧で大電流の場合は、ハーメチック真空スイッチをお使いください。これは手始めにすぎません。このテーマで一冊の本が書けるかもしれません。最終的な判断には、お客様の環境における正確な負荷を調べ、リードスイッチを数個使用して寿命テストを実行することをお勧めします。
フォームCリード接点とは何ですか?

フォームCリードスイッチは、基本的に単極双投リードスイッチです。これは、3つのリード線で密閉されています。

  1. 共通リード
  2. ノーマリーオープンリード
  3. ノーマリークローズリード

操作されると、共通接点は、ノーマリークローズ接点からノーマリーオープン接点に移行します。これはコイルによって発生する磁場または磁石からの磁場によって引き起こされます。磁界が除去されると、共通接点は元に戻り、ノーマリークローズ接点に静止します。

リードスイッチのガラスは焼きなましされていますか?

リードスイッチは封止された後、部分的に焼きなまし処理が施されます。この部分的な焼きなまし処理は、ガラスと金属の封着(ハーメチック)に応力を残し、密閉度を強化するために行われます。

焼きなましとは何ですか?

金属を非常に高い温度の浴槽に入れるプロセスのことを焼なましといいます。温度はゆっくりと最高温度まで上昇し、そこで一定時間安定した後、ゆっくりと室温に戻されます。このプロセスにより、金属は最も柔らかい状態になります。この点がニッケル/鉄リード線の保磁力がゼロに近い点でもあるので、リードスイッチでは非常に重要になります。つまり、リードスイッチの接点に磁界をかけ、その後磁界を取り除くと、リード線に磁気が残らなくなるということです。

リード接点のスパッタリングやメッキのレベルが異なるのはなぜですか?

ほとんどの金属は、別の金属と接続することを好みません。他の金属を好む金属は少数です。最も一般的なものは、金と銅です。この2つの金属は、他の金属と一緒にすると、その金属の中に拡散していきます。これらの金属は、2つの異なる金属をつなぎ合わせる接着剤のようなものです。このプロセスにより、メッキ処理またはスパッタ処理のレベルがさまざまな金属が生まれます。

ハーメチックシールとは何ですか?

ハーメチックシールには以下の3つのタイプがあると考えられています。

  1. ガラスとガラスのシール
  2. ガラスと金属
  3. 金属と金属のシール

これらのシールは、内部に密封されているものを外部環境から完全に隔離します。これらのシールは空孔率をゼロにするため、分子レベルでも漏れることがありません。

スパッタ処理されたリードスイッチの接点は、メッキ処理されたリード接点よりも優れていますか?

スパッタリングは、軟質ニッケル/鉄の層に材料を埋め込む新しいプロセスで、メッキは軟質金属に電気メッキを施すだけです。問題は、メッキが完璧でない場合、非常に硬い外側のメッキレベルと内側の軟質金属の間で剥離が発生する可能性があることです。

リードスイッチに極端に強い磁界をかけた場合、正味の影響はありますか?

ありません。磁界がリードスイッチの接点を飽和させると、もはや何の影響も及ぼさなくなるため、リードスイッチへの正味の影響はありません。

磁石とリードスイッチを組み合わせることで、温度センサーになりますか?

検知したい温度に対して一定のキュリー温度を持つ磁石を使用することで、磁石とリードスイッチを組み合わせて温度センサーにすることができます。そのキュリー温度に達すると、磁石は磁性を失い、リードスイッチの接点が開きます。温度がキュリー温度より下がると、リード接点は閉じます。

高い通電電流を使用して、しばらくすると、リード接点が開いたり閉じたりする原因は何ですか?

キュリー温度です。リード接点が非常に高温になり、ニッケル/鉄の物質のキュリー温度に到達します。キュリー温度では、物質は強磁性体としての性質を失います。

リードスイッチの接点に追加の材料をメッキ処理またはスパッタ処理する必要があるのはなぜですか?

ニッケルと鉄は、比較的柔らかい素材です。接点間の電圧と電流を切り替えると、一部の金属が溶けて、もう一方のリード接点に移動します。頻繁に切り替えを行うと、かなりの量の金属が移動してくっつきます。ロジウムやルテニウムのような硬い金属をメッキ処理またはスパッタ処理すると、移動する金属の量が劇的に減少するため、スティッキングが発生するまでの寿命またはサイクル数を直接増やすことができます。

リードスイッチのブレードがニッケル/鉄でなければならならず、52%がニッケルなのはなぜですか?

磁場は強磁性体である金属にのみ影響を及ぼします。ニッケルも鉄も強磁性体です。ニッケルを52%にすることで、その熱膨張係数がガラスの膨張率と正確に一致するため、重要となります。

ニュースレターの申し込み

We Will Use The Email Address You Provide To Send You Marketing And Promotional Materials.

展示会&イベント

electronica India 2024
Booth No.: E21
For More Details, Click Here.

Follow Us

Focused. Leadership

Video
ダウンロード
Products compare